関西選抜のMFによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
Q1.選抜でどのようなことを吸収したい、学びたいと思っていますか?
Q2.自分のどういうところを、選抜チームの中でアピールしたいですか?
Q3.選抜チームでの目標を教えてください(個人のことでもチームのことでもよい)。
泉柊椰
-泉 柊椰(びわこ成蹊スポーツ大学/2年)
A1.味方相手共に高いレベルの中で自分のサッカーの幅を広げる、感じたこと、得ることができる知識全てを吸収してレベルアップに繋げたい。
A2.特にストロングポイントであるドリブルの部分、相手陣内を切り裂いて単独でも複数でも突破できる能力を存分にアピールしたい。
A3.チームとしては優勝すること。関西が1番であるというところを証明したい。個人ではチームの攻撃を牽引して、ゴール、アシスト共に決定的な仕事をして全国に自分のサッカーを見せつけたい。

江口稜馬
-江口稜馬(阪南大学/3年)
A1.いい選手がたくさんいるので盗むところは盗んで自分の力を発揮したい。
A2.チームのために貢献するところ。
A3.個人は自分の道を切り開く。チームは優勝。

草刈龍星
-草刈龍星(関西大学/3年)
A1.個人戦術・サッカーへの取り組み。
A2.トラップ・パス。
A3.優勝。

工藤蒼生
-工藤蒼生(阪南大学/2年)
A1.他大学の同じポジションの選手の良さを学び、自分のプレーに活かしたいと思っている。
A2.守備の予測。
A3.個人の目標は、21人の中に入る。チーム全体としては、まずは、グループリーグ全勝することです。

久保勇大
-久保勇大(甲南大学/1年)
A1.全国でも屈指の選手が多くいるのでそういう選手の練習の取り組みや意識、サッカーに対する考えを学びたいと思います。そして、他の攻撃的な選手の長所を参考にしつつ少しでも自分に吸収し成長したいと考えています。
A2.攻撃的な選手ですので得点に絡むプレーを1番アピールしたいです。そして、前線からのプレスや長い距離をスプリントして危ない所まで戻るというような当たり前のことですがそういうところもアピールしたいです。
A3.個人では、ゴールとアシストで5ゴールに絡むことです。
チームでは、優勝することです。

上月翔聖
-上月翔聖(びわこ成蹊スポーツ大学/3年)
A1.技術面だけでなく、プロサッカー選手を目指している選手が沢山居るので、サッカー選手としての振る舞い方やオフザピッチでの行動など、サッカー以外での取り組み方を吸収できたら良いなと思うのと、戦術面などサッカーIQというものを学べたら良いなと思います
A2.自分のストロングポイントである、ドリブル突破からのクロス、シュートやチームの雰囲気を高めるような声かけ、守備でも貢献できる(上下運動、運動量)や相手の背後をとる動き、何度も積極的にチャレンジを繰り返すところをアピールします。
A3.チーム全体では優勝すること。個人の目標は、まずはメンバーに残る事を目の前の目標として、次に大会で活躍してプロチームからオファーをもらうことを目標とします。

長尾優斗
-長尾優斗(関西学院大学/1年)
A1.それぞれ違う大学の選手達が集まる中で、他大学の人間性やサッカー技術などを学び吸収したいと思います。
A2.中盤での展開力とボール奪取力。
A3.日本一を取ること。

野寄和哉
-野寄和哉(大阪体育大学/2年)
A1.素晴らしいメンバーの良い所を全部盗みたい!
A2.明るいところ!
A3.レベルアップ!

藤原貫大
-藤原貫大(甲南大学/3年)
A1.普段別のチームの人とどう連携を深めるか。
A2.周りを使うところや、ボールを奪うところ。
A3.優勝。

横山翔大
-横山翔大(大阪体育大学/2年)
A1.同じポジションの人のボールの持ち方や技術、他のポジションの動きなどをよく観察し吸収していきたいです。
A2.ドリブルや守備アクションをアピールしていきたいです。
A3.日々の練習で高め合いこのチームで良い成績を残すことです。